おいしすぎて黙りこくった「プリン研究所」のプリンをご紹介!

いつもプリン、プリンうるさい私ですが

おいしすぎて黙りこくったことのあるプリンをご紹介します!

それは「プリン研究所」の真プリン!

頂き物だったのですが、一口目の感動は今でも忘れられません。

今回は「プリン研究所」のこだわりや豊富なラインナップ

魅力的なセットについてご紹介していきます!

ご興味ありましたら、是非チェックしてみてくださいね~。



「プリン研究所」とは??

・話題になったのはあのプリン

マツコの知らない世界や、めざましテレビで紹介された

1つ7560円の 抹茶プリンおこい

聞いたことありませんか??

30g=1万円の高級宇治抹茶、和三盆糖、千利休も愛した「離宮の水」を使用、

そして一つずつ和室で点てて作られるという

プレミアムすぎるプリンが話題となりましたが

「プリン研究所」では他にもこだわって作っている

本格高級プリンが数多くあります。



・なぜ高級なのか

原材料、製法など、徹底的にこだわりぬいています。

生産性を上げるため入れる必要のない添加物が入っているものは食材に選ばない。

味が落ちる必要でない処理をしない

インターネットでの受注生産をしている「プリン研究所」。

注目なのは「受注販売」ではなく「受注生産」。

注文を受けてから材料を発注し、必要な分だけを作ることにより

一番おいしい状態で、お客様に無駄な金銭的負担をかけることなく

日本全国の人に美味しいものを提供し続けていくことができると

考えているそう。

こだわりの原材料

・おいしい「いでぼく」牛乳

富士山の麓に牧場を持つ「いでぼく」

農林水産大臣賞を始め、様々な賞を受賞している牧場の牛乳です。

ホルスタイン種、ジャージー種、ブラウンスイス種の牛を育てて

社長自らそれぞれの生乳を独自にブレンドすることで、

甘さ、コク、うまみ、すべてを兼ね備えた牛乳で後口もすっきりとしています。

エサ、飼育環境など、細部までこだわって育てた牛から出る乳は

無殺菌でも飲むことができるほど菌量が少なく、安全です。

搾乳~販売まで一貫して行っているので、新鮮でおいしい牛乳なんです☆

・ブランド卵「Natural & Rich さがみっこ」

Natural & Rich さがみっこ」は、 「たまご博物館」館長であり、

「たまご大事典」の著者である

たまご博士こと高木伸一氏が発表した『全国ブランド卵 究極の卵ランキング』で

第1位に選ばれた、まさに日本一おいしい卵です。

生産は井上養鶏場。

鶏本来の姿・生活・良質な餌を大切にし、放し飼いで鶏が元気に走りまわり、

健康で美味しい有精卵を実現しているそう。

その卵には甘みとコクがあり、卵本来の香りを楽しむことができます。

この黄身の盛り上がり方…一目でおいしいってわかります!

・素材によって使い分ける砂糖

プリンの主役はあくまでも牛乳と卵。

不純物がないに等しいグラニュー糖には一切の雑味がなく

純粋に甘みを加え、牛乳、卵の風味をより引き出してくれるのだそう。

ただ、素材によって、グラニュー糖だと甘味がきつく出てしまうので

徳島県産最高級和三盆糖も使用しているプリン研究所。

抹茶プリン、かぼちゃプリンではこちらを使用しています。

・「寺川大福園」の高級抹茶

9代続く由緒ある茶園、「寺川大福園」の抹茶は

伝統を守りながらも新しい技術を取り入れて最高の抹茶の原料となる

碾茶(てんちゃ)を生産しています。

その味わいは驚くほど甘く、そして程よい苦味があります。

新茶のオークションでは

1kg80万円という史上最高価格で落札され、

その後現在まで、この記録を塗り替えられることはありません。

プリンに使用したいと交渉をしたら、

「飲むのが一番なので、スイーツに合わせるならお売りできない」とお断りされたそう。

何度も試作を食べていただき、「抹茶そのものの味が生きている」と、

認められ使用できるようになったそうです。

日本一高級な抹茶プリン『おこい』で有名な、こだわりプリン専門店「プリン研究所」

「プリン研究所」の商品ラインアップ

・真プリン なめらか かため

こだわりの原材料、いでぼく牛乳、Natural & Rich さがみっこ、グラニュー糖で

作り上げたプリン。(各810円税込み)

口どけなめらかなふわとろプリン「なめらか」か

しっかりした弾力で卵の旨み引き立つ「かため」の二種類があります。

ちなみに私がいただいたことがあるのは「かため」!

しっかりとした卵感と新鮮な牛乳、自然な甘さをダイレクトに感じさせる商品でした☆

今度はなめらかの方も食べてみたいなぁぁぁぁ!

・抹茶プリン おこい おうす

徳川将軍が愛した抹茶「初昔」を使用したしっかりした甘さの「おうす」

究極の宇治抹茶「千代の昔」を使用した程よい苦みの「おこい」の二種類。

和室で一杯ずつお茶を点てて、プリンを作っており

その日の気温や湿度に応じて、お湯の温度や焼き時間を調節する

手間のかけよう…凄い!

そんなわけで1日50個ほどしか作ることができないそうです。

ビンの容器に入っており、これにより真空で抹茶の香りを逃さず

点てたてのような香りを楽しむことができます。

価格はなんと「おうす」4320円

「おこい」7560円!

高級すぎますが、購入された方は値段の価値ありと大絶賛!

私もいつかは二つを食べ比べてみたい!



・その他のこだわりプリン

そのほかにも原材料からこだわったプリンが数多くあります。

たくさんありすぎて選ぶのが迷ってしまいます!

その他の種類

コーヒープリン「スペシャリティ1026円」「プリンブレンド864円」

紅茶プリン「ルイボスキャラメル」「アッサム」「アイリッシュモルト」各810円

ショコラプリン

バニラプリン「マダガスカル」「タヒチ」「コンビ」各972円

生粋~KISUI~ 1026円

かぼちゃプリン(期間限定) 「くりりん」 972円

・ソースであなたもプリン研究!?

「プリン研究所」ではソースは別添え。

プリン1個につき、12種類のソースの中から2種類選ぶことができます。

オーソドックスなカラメルを選ぶもよし、フルーツソースを選ぶもよし。

一口目はそのままで、そのあとはソースをそれぞれ楽しんだり、

混ぜてみたりとプリンの数が多ければいろいろなソースが味わえるので

セット購入もおすすめ!プリン研究を楽しんでみてください☆

ちなみに賞味期限は、配送日から10日ほど!

たくさん買っても、焦って食べる必要がなく安心です☆

※抹茶プリンにはソースはつきません。

まとめ

今回は「プリン研究所」のこだわりプリンたちを

紹介していきました!

真プリン「かため」はほんとにおいしかったので

次はどれを食べようかなと考えすぎちゃう筆者なのでした。

高級品のため、自分への頑張ったご褒美や大切な人へのプレゼントに最適☆

記憶に残る、安心安全のおいしいプリンに癒されてみませんか?

お取り寄せでしか買えない高級プリン専門店「プリン研究所」はコチラから!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です